借入限度額の多い会社

借入限度額の多い会社

借入限度額の多い会社

大手消費者金融は、低金利、融資額も銀行系と同じくらいなのが特徴です。

 

おそらく、母体が銀行である消費者金融が多いのが理由なのかも知れません。

 

借入限度額の多い会社では、アコム、モビット、プロミスなどが、最高限度額が500万円とっいった設定になっています。

 

アイフルなどは、300万円が最高限度額です。

 

 

個人に限らず、事業者にも人気があるようで、銀行系で審査が通らなかった、クレジット系でもダメだったという人は、消費者金融に目がいくのではないでしょうか。

 

金利も銀行系とあまり変わらない、審査も銀行系ほどではないので、借りやすいといったイメージがあるかも知れませんね。

 

ただ、注意したいのは、融資を受ける人の年収、職業、年齢などの条件により、融資額は大きく左右するので、期待を持ちすぎるのは禁物です。他社からの借り入れがある人などは、なおさら、条件が厳しくなります。

 

消費者金融は、「無利息、即日融資、スピーディー」といった決まり文句が広告上で、華やかに謳われていますが、実際は、人によっては、もっと時間がかかるケースもあるようです。

 

消費者金融は、借りやすい、利用しやすい、といったイメージが確かにありますが、あくまでも、融資において信用性を重視されるので、希望にそわない場合もあるでしょう。

 

そうした場合には、こまめに複数の消費者金融のシュミレーションを受けてみるのもいいでしょう。ある程度の合否が分かっていれば、いざ、審査を受ける際に、はずかしい思いをする確率が低いからです。


ホーム RSS購読 サイトマップ